DFRobot Gravity:SLCANプロトコル内蔵 CAN~TTL 通信モジュール

DFRobot商品コード:RB-Dfr-1326
メーカー #: TEL0150

価格  :
販売価格 ¥3,781

税込

送料はチェックアウト時に計算されます

在庫  :

近日再入荷予定 入荷予定日の照会

この商品の入荷をお知らせします

支払いとセキュリティ

お支払い方法

American Express Apple Pay Google Pay JCB Mastercard PayPal Shop Pay Visa

お客様の決済情報は安全に処理されます。当社はお客様のクレジットカード情報を保存せず、クレジットカード情報にアクセスすることもできません。


セキュリティ

概要

  • DFRobot Gravity:SLCANプロトコル内蔵 CAN~TTL 通信モジュール
  • 効率的なCAN~UART および USB 1.0通信が可能
  • 25K~1Mbpsの高速CANボーレートに対応
  • データ通信インジケータ および 120Ω抵抗ジャンパを装備
  • ロボット愛好家、研究開発エンジニア、小規模開発会社に最適

DFRobot Gravity:SLCANプロトコル内蔵 CAN~TTL 通信モジュールは、CAN~UART および USB 1.0通信を容易にする高度な通信モジュールです。3.3Vと5Vの両方に対応でき、CAN 2.0プロトコルをサポートしています。このモジュールはSLCANコマンドを内蔵し、ATコマンドを送信するだけで、CANデータ伝送や機能設定を簡単に行うことができます。

この高度なモジュールは、UARTインタフェースを提供するだけでなく、USBインタフェースも統合しています。この統合により、データデバッグ時にUSBとUART間の複雑な変換が不要になります。USB経由でコンピュータに接続すると、シリアルアシスタントを介して効率的なデータデバッグが可能になり、このモジュールを使って現場でデバッグする場合に特に便利です。

このモジュールは、設定可能なCANボーレート範囲が25K~1Mbpsであることが特徴です。1回の送信で最大2msecのレートをサポートし、1秒間に500個のデータパケットをロスなく送信できます。この信頼性の高い通信機能により、プロジェクトにおけるエラーの可能性を大幅に低減し、プロジェクトのデバッグプロセスを簡素化します。

また、このモジュールは、データ通信インジケータと120Ω抵抗ジャンパを備え、プロジェクトの開発と検証の効率を高めるようになっています。

このモジュールは、ロボットやインテリジェント車両の愛好家、研究開発エンジニア、小規模開発企業向けに設計されています。学習、製品テスト、開発、組込の目的に適しています。また、小型車両の照明制御システムにも利用できます。

このモジュールは、動作電圧が 3.3V~5V、動作電流が 65mAです。SLCAN ATコマンドプロトコルを使用し、CAN2.0プロトコルに対応しています。USBインタフェースはUSB 1.0で、UARTインタフェースの電圧レベルは 3.3V、5Vです。UARTボーレートは 115200bps(初期設定)です。このモジュールは、様々なオプションのCAN通信ボーレートに対応し、CAN通信ジャンパとCAN通信インジケータが付属しています。C++、Arduino C、Serial Assistantなどのプログラミング言語に対応しています。はんだ材は、環境に優しい無鉛はんだを使用しています。

  • 1 x CAN~UART/USB モジュール
  • 1 x Gravity-4P I2C/UART センサケーブル
  • 37 × 47 × 11.6 mm(最高部)
  • 動作電圧: 3.3~5V
  • 動作電流:65mA
  • ATコマンドプロトコル:SLCAN
  • CAN2.0プロトコル対応
  • USBインタフェース:USB1.0
  • UARTインタフェース電圧レベル:3.3V、5V
  • UART ボーレート:115200bps (初期設定)
  • オプションの CAN通信ボーレート:25 kbit/s、50 kbit/s、100 kbit/s、125 kbit/s、250 kbit/s、500 kbit/s (初期設定)、800 kbit/s、1 Mbit/s
  • CAN通信ジャンパ:1
  • CAN通信インジケータ:1
  • プログラミング言語:C++、Arduino C、シリアルアシスタント
  • はんだ材:環境に優しい無鉛はんだ

送料の見積り

こちらもあなたにおすすめ