EdgeBox-ESP-100 産業用エッジコントローラ (WiFi、BLE、4G LTE、DIO、AIO、イーサネット、CAN、RS485)

SeeedStudio商品コード:RB-See-1090
メーカー #: 102991735

価格  :
販売価格 ¥23,891

税込

送料はチェックアウト時に計算されます

在庫  :

近日再入荷予定 入荷予定日の照会

この商品の入荷をお知らせします

支払いとセキュリティ

American Express Apple Pay Google Pay JCB Mastercard PayPal Shop Pay Visa

お客様の決済情報は安全に処理されます。当社はお客様のクレジットカード情報を保存せず、クレジットカード情報にアクセスすることもできません。

概要

  • EdgeBox-ESP-100-産業用エッジコントローラ (WiFi、BLE、4g LTE、DIO、AIO、イーサネット、CAN、RS485)
  • 多彩なワイヤレス接続
  • 堅牢なフィールドバスインタフェース
  • 自律型産業用ゲートウェイ
  • 多様な入力に対応可能な絶縁型 IO
  • LoRaWAN* で拡張可能

EdgeBox-ESP-100-産業用エッジコントローラ (WiFi、BLE、4g LTE、DIO、AIO、イーサネット、CAN、RS485) は、さまざまなワイヤレス機能と複数のフィールドバスインタフェースを備えた多面的で軽量なコントローラです。このESP32ベースのコントローラは、フィールドオートメーション用途で自律的に機能したり、既存のPLCシステムのネットワーキングとクラウド通信能力を強化する産業用ゲートウェイとして機能したりすることができます。特に軽量のオートメーションに適しています。

この機器は、リモートモニタリングと制御アプリケーションに優れており、PID制御ループ、ロジックシーケンス制御、および 無線とフィールドセンサ機能を拡張する柔軟性を備えたゲートウェイ操作に最適です。絶縁型のCAN および RS485フィールドバス接続を特長とし、デジタル信号とアナログ信号の両方を含む幅広い設備やセンサ入力に対応する包括的なIOリソースを備えています。

オンチップWi-Fi および BLE機能を搭載したコントローラは、セルラ接続用の4G LTEモジュールを備え、産業用ゲートウェイとしての役割をさらに強化しています。本機はLoRaWAN通信に対応していますが、4GモジュールをLoRaWAN対応のものに交換するには、はんだ付けを伴う改造が必要です。

LoRaWAN通信を可能にするには、既存の4Gモジュールを交換する際にはんだ付けが必要となりますのでご注意ください。

  • 1 x EdgeBox-ESP-100 産業用エッジコントローラ
  • CPU:ESP32S3
  • メモリ:512KB + 8MB RAM
  • ストレージ:16MB Flash
  • ワイヤレス:WiFi、オンチップ 2.4GHz
  • Bluetooth:オンチップ Bluetooth 5.0、BLE
  • セルラ:4G - A7670G SIMCom LTE Cat 1 モジュール
  • LoRa:対応*
  • インタフェース:1 x イーサネット、100M RJ45
  • USB:1 x USB2.0 A
  • CANバス:1 x CANバス (絶縁型)
  • RSシリアル:1 x RS485 (絶縁型)
  • デジタル入力:4 x (絶縁型) オンボード、DC入力電圧 - 24V
  • デジタル出力:6 x (絶縁型)、推奨電圧 - 24V
  • アナログ入力:4 x (絶縁型)、入力:0~20mA 初期設定値、0~10V オプション
  • アナログ出力:2 x (絶縁型)、出力:0~5V
  • 電源:10.8~36V
  • 動作温度:-20~+60°C
  • 認証:RoHS、CE、FCC、UKCA
  • 保証期間:2年

送料の見積り

こちらもあなたにおすすめ