LuckFox Pico RV1103 Linux マイクロ開発ボード

Waveshare商品コード:RB-Wav-783
メーカー #: 25078

価格  :
販売価格 ¥1,201

税込

送料はチェックアウト時に計算されます

在庫  :

近日再入荷予定 入荷予定日の照会

この商品の入荷をお知らせします

支払いとセキュリティ

American Express Apple Pay Google Pay JCB Mastercard PayPal Shop Pay Visa

お客様の決済情報は安全に処理されます。当社はお客様のクレジットカード情報を保存せず、クレジットカード情報にアクセスすることもできません。

概要

  • LuckFox Pico RV1103 Linux 開発ボード
  • コンパクトで多用途
  • 高性能ARM Cortex-A7搭載
  • 高機能RISC-V NPU搭載
  • 効率的なエンコードモード
  • 64MB DDR2 DRAM内蔵

LuckFox Pico RV1103 Linux 開発ボードは、ARM Cortex-A7、RISC-V MCU、NPU、ISPなどの各種プロセッサを集積した、小型で汎用性の高いマイクロ開発ボードです。このボードは、NEONとFPUを集積した single-core ARM Cortex-A7 32-bit coreにより、強力な性能を発揮します。搭載しているRockchip社製 第4世代NPUは高い演算精度が可能で、int4、int8、int16のハイブリッド量子化に対応しています。ISP3.2は 4-Megapixelの入力に対応し、HDRやマルチレベルノイズ減少を含む一連の画像強調 および 補正アルゴリズムを搭載しています。

この開発ボードは、効率的なエンコーディング機能により、シーンに適応し、従来のモードと比較してビットレートを大幅に節約するインテリジェントエンコーディングモードを備えています。その結果、より少ないストレージ容量で高精細な画像を得ることができます。RISC-V MCUは、低消費電力と高速起動が可能なように最適化してあり、高速画像キャプチャとAIモデルライブラリの同時読み込みが可能になり、高速顔認識が可能になっています。

このボードは 64MBのDDR2 DRAMを搭載し、厳しい要求のアプリケーションにも十分なメモリ帯域幅を確保しています。また、組み込みのPOR、オーディオ・コーデック、および MAC PHY も含まれており、統合機能がさらに強化されています。 開発者向けに、このボードはTFカードスロットとカメラインタフェースを統合して効率の良い開発を行うことができます。このボードは、電源 および プログラミング用 USB Type-Cコネクタ、ACT-LED、ダウンロードモード実行用 BOOTボタン、TFカードスロット、CSIカメラインタフェース、GPIOヘッダ、USB、マイク、イーサネットインタフェースの各種テストパッドを備えています。

TFカードは開発ボードに付属していませんのでご注意ください。

  • 1 x LuckFox Pico RV1103 Linux 開発ボード

  • 51 x 21 mm (長さ x 幅)
  • プロセッサ:Cortex A7 1.2GHz + RISC-V
  • NPU:0.5TOPS、int4、int8、int16に対応
  • ISP入力:4M 30fps (最大)
  • メモリ:64MB DDR2
  • USB:2.0 ホスト/デバイス
  • カメラ:MIPI CSI 2レーン
  • GPIO:24x GPIO端子
  • イーサネットポート:10/100M イーサネットコントローラ および 組み込みPHY
  • 既定ストレージ:TFカード (別売)
  • ピンヘッダ:オプション

Customer Reviews

Be the first to write a review
0%
(0)
0%
(0)
0%
(0)
0%
(0)
0%
(0)

送料の見積り

こちらもあなたにおすすめ