Motoron M1T256 シングル I2Cモータコントローラ (ヘッダピンはんだ付け済み)

Pololu商品コード:RB-Pol-1012
メーカー #: 5060

価格  :
販売価格 ¥3,257

税込

送料はチェックアウト時に計算されます

在庫  :

近日再入荷予定 入荷予定日の照会

この商品の入荷をお知らせします

支払いとセキュリティ

American Express Apple Pay Google Pay JCB Mastercard PayPal Shop Pay Visa

お客様の決済情報は安全に処理されます。当社はお客様のクレジットカード情報を保存せず、クレジットカード情報にアクセスすることもできません。

概要

  • Motoron M1T256 シングル I2Cモータコントローラ (ヘッダピンはんだ付け済み)
  • 小型でヘッダをはんだ付けで取り付け済み
  • 1台の双方向ブラシ付き DCモータを制御可能
  • 広範囲のモータ電源電圧:4.5V~48V
  • 逆電圧保護機能内蔵でロジック電圧範囲は 3.0V~5V

Motoron M1T256 シングル I2Cモータコントローラ (ヘッダピンはんだ付け済み) は、 I²Cインタフェースを介して1台のDCモータを制御できる小型のモータコントローラです。このコントローラは、複数のMotoronコントローラを同じI²Cバスに接続することが可能で、これによりモータを追加してシステムを簡単に拡張できます。M1T256モデルは、4.5V~48Vのモータ電源電圧に対応し、最大2Aの連続出力電流を供給できます。このモデルはヘッダをはんだ付けで取り付け済みです。

Motoron M1T256コントローラは、I²C または TTLシリアル(UART)インタフェースを使用して、1台の双方向ブラシ付きDCモータの制御ができます。サイズは 15.2 × 15.2mmで、4.5V~48Vのモータ電源電圧に対応し、最大2Aの連続出力電流を供給できます。このコントローラは、単一のI²Cバス または シリアルバスで動作するように設定でき、複数のモータを独立して制御することができます。他のモータドライバと異なり、Motoronコントローラはマイクロコントローラ上にPWM出力やタイマは必要なく、接続するMotoronコントローラの数に関係なく単一のI²C または UARTインタフェースだけで独立したモータ制御が可能です。

M1T256モデルはI²Cインタフェースを搭載し、ヘッダをはんだ付けで取り付けてあります。1個のモータ制御チャンネルが装備されており、1台のMotoronで1台の双方向ブラシ付き DCモータを制御できます。このコントローラは、モータ電源電圧範囲が4.5V~48V(絶対最大)と広く、推奨最大公称バッテリ電圧は約36Vです。モータ1台の最大出力電流は連続2A、ピーク6.4A(1秒未満)です。また、このコントローラはモータ電源の逆電圧保護(-40Vまで)を内蔵し、ロジック電圧範囲は3.0V~5Vです。

Motoron M1T256 シングル I²Cモータコントローラ (ヘッダピンはんだ付け済み) は、モータ電源 (-40Vまで) の逆電圧保護機能を内蔵し、ロジック電圧範囲が3.0V~5Vであることに注意してください。

  • 1 x Motoron M1T256 シングル I2Cモータコントローラ (ヘッダピンはんだ付け済み)

  • 15.2 x 15.2 mm
  • 制御インタフェース:I2C
  • 最低動作電圧:4.5V
  • 最大動作電圧:48V
  • 1チャンネルの連続出力電流:2.2A
  • 1チャンネルのピーク出力電流:6.4A
  • 最小ロジック電圧:3.0V
  • 最大ロジック電圧:5.5V
  • 逆電圧保護:有
  • コネクタ:はんだ付け済み
  • 重量:1.9g

送料の見積り

こちらもあなたにおすすめ