Servo 2040 - 18チャンネル サーボコントローラ

Pimoroni商品コード:RB-Pim-158
メーカー #: PIM613

価格  :
販売価格 ¥5,041

税込

送料はチェックアウト時に計算されます

在庫  :

近日再入荷予定 入荷予定日の照会

この商品の入荷をお知らせします

支払いとセキュリティ

お支払い方法

American Express Apple Pay Google Pay JCB Mastercard PayPal Shop Pay Visa

お客様の決済情報は安全に処理されます。当社はお客様のクレジットカード情報を保存せず、クレジットカード情報にアクセスすることもできません。


セキュリティ

概要

  • Servo 2040 - 18チャンネル サーボコントローラ
  • 複雑なプロジェクト向けに最大18個のサーボに対応しています。
  • 電流検出で消費電力を監視できます。
  • 視覚フィードバックができるように、 6個のアドレス指定可能RGB LEDを備えています。
  • 最大6個のアナログセンサを接続して多用途に使用できます。
  • Qwiic / STEMMA QTブレイクアウトに便利なQW / STコネクタを備えています。

Servo 2040 - 18チャンネル サーボコントローラは、多数の可動部品を含むプロジェクト向けに設計された独立型サーボコントローラです。最大18個のサーボを接続できるはんだ付け済みヘッダピンを備えており、複数の脚を持つ六脚歩行ロボットやさまざまな自由度を持つロボットアーム 脚 触手に適しています。

サーボ (特に大型サーボ) は電力を大量に消費する可能性があるため、Servo 2040には消費電力の追跡に役立つ電流監視機能が含まれています。さらに、視覚フィードバック および ステータスレポート用に、6個のアドレス指定可能RGB LED (Neopixelとも呼ばれる) を備えています。このコントローラには、最大6個のアナログセンサ接続用ヘッダピンも用意されており、地面の近接 衝突の可能性 ロボットの爪が被験者に及ぼす圧力の検出に役立ちます。

さらに、Servo 2040にはQW / STコネクタを備えているため、Qwiic または STEMMA QTブレイクアウトの追加に便利です。文書化されたC++/MicroPythonサーボライブラリに対応していますので、各機能を利用してそれらをシームレスに統合できる多数のサンプルが含まれています。

  • 1 x Servo 2040 - 18チャンネル サーボコントローラ
  • 62 x 42 x 12 mm (長さ x 幅 x 高さ / コネクタを含む)
  • RP2040 最大133Mhzで動作するデュアル Arm Cortex M0+プロセッサ 264kBのSRAMを搭載しています。
  • XiP対応 2MB QSPIフラッシュを備えています。
  • 3ピンホビーサーボ接続用にヘッダピンを18セット備えています。
  • 最大11Vの高電圧サーボに対応しています。
  • 6個のアドレス指定可能RGB LED / Neopixelsを備えています。
  • アナログセンサ接続用に6個のヘッダピンセットを備えています。
  • 電圧 および 電流検出ができます。
  • リセット および ブートボタンを備えています。ブートボタンはユーザーボタンとしても使用できます。
  • プログラミング用 および 最大3Aの電力供給用 USB Type-Cコネクタを備えています。
  • 逆極性保護用 および 最大連続電流10A外部電源供給用 ネジ端子を備えています。
  • ブレイクアウト用 Qw / ST (Qwiic / STEMMA QT) コネクタを備えています。
  • はんだ付け不要 完全組み立て済み

送料の見積り

こちらもあなたにおすすめ