XT-S1 ToF シングルポイント測距 LiDARセンサ (0.3~30m)

DFRobot商品コード:RB-Dfr-1348
メーカー #: SEN0585

価格  :
販売価格 ¥9,627

税込

送料はチェックアウト時に計算されます

在庫  :

近日再入荷予定 入荷予定日の照会

この商品の入荷をお知らせします

支払いとセキュリティ

お支払い方法

American Express Apple Pay Google Pay JCB Mastercard PayPal Shop Pay Visa

お客様の決済情報は安全に処理されます。当社はお客様のクレジットカード情報を保存せず、クレジットカード情報にアクセスすることもできません。


セキュリティ

概要

  • XT-S1 ToF シングルポイント測距用 LiDARセンサ (0.3~30m)
  • 小型軽量で、低消費電力用途に最適
  • 100kluxの周囲光耐性で屋内外で多用途に使用可能
  • UAV、ロボットやスマートホームなどの高度制御、衝突回避、トラッキングなどに有効
  • 波長940nm、解像度 1cm、最大測定周波数 50Hz

XT-S1 ToF シングルポイント測距用LiDARセンサ (0.3~30m) は、Time-of-Flight(ToF)原理に基づいて動作する小型軽量のレーザレーダです。重量はわずか 9gで、非常に簡単に設置でき、消費電力が 0.5W未満ですので低消費電力を必要とする用途に最適です。

このレーザレーダは多用途に使用可能で、屋内外を問わず、最大100kluxの強い光の下でも確実に機能できます。測定範囲は最大30mで、高精度、高感度で安定した距離測定が可能です。

XT-S1 ToF LiDARセンサは様々な用途に使用可能です。無人航空機の分野では高度制御が可能で安定した飛行高度の維持に使用できます。ロボットの分野では、ロボットが障害物を検知して回避する際の衝突回避に有効です。スマートホームの分野では、環境認識とトラッキングに使用でき人間の位置と動きに基づく家庭用機器のインテリジェント制御が容易になります。

この機器は、動作電圧範囲が 4.8~5.2Vで、5Vでの消費電力は 100mA未満です。UART/I2C/IOインタフェースを介して通信でき、動作波長は 940nm、解像度は 1cm、最大測定周波数は 50Hz、放射角は半値角が 2°、受光角は半値角が 1°で、動作温度は 10~60℃、保管温度は -20~70℃となっています。

注意:使用中はレーザレーダを直視しないでください。

  • 1 x XT-S1 ToF シングルポイント測距 LiDARセンサ (0.3~30m)
  • 1 x 6ピン DuPontケーブル

  • 44 x 24 x 16 mm (長さ x 幅 x 高さ)
  • 測定範囲:0.3~30m(屋内 および 屋外 反射率 90%)
  • 測定精度:30~250cmで±5cm、2.5~30mで±2%
  • 動作電圧:4.8~5.2V
  • 消費電力:100mA未満(5V時)
  • 通信インタフェース:UART/I2C/IO
  • 波長:940nm
  • 解像度:1cm
  • 測定周波数:最大50Hz
  • 周囲光耐性:100Klux
  • 放射角:半値角 2°
  • 受光角:半値角 1°
  • 動作温度:10~60℃
  • 保管温度:-20~70℃
  • 重量:9g

送料の見積り

こちらもあなたにおすすめ