Leo Rover v1.8 開発者キット

fictionlab商品コード:RBC-Kel-04
メーカー #: LeoRover

価格  :
販売価格 ¥944,016

税込

送料はチェックアウト時に計算されます

在庫  :

近日再入荷予定 入荷予定日の照会

この商品の入荷をお知らせします
リポバッテリー商品はカートあたりの最大数量は2つです。

支払いとセキュリティ

American Express Apple Pay Google Pay JCB Mastercard PayPal Shop Pay Visa

お客様の決済情報は安全に処理されます。当社はお客様のクレジットカード情報を保存せず、クレジットカード情報にアクセスすることもできません。

概要

  • Leo Rover v1.8 開発者キット(組立式)
  • 4WD屋外用ロボットキット
  • オープンソースで、Raspberry Piで構成
  • 信頼性、防水性、拡張性を考慮した設計
  • 可搬重量:約5kg
  • ビデオストリーミングと運転UIを搭載

Leo Rover v1.8 開発者キットは、屋外用ロボットキットで、信頼性、防水性、拡張性に優れた設計になっています。

73.2:1の遊星ギアボックスと12CPRエンコーダを備えたインハブDCモータを4個使用し、直径130mmの車輪とフォームインサート型ゴムタイヤ(非空気式)で駆動します。

Leo Rover v1.8 Developer Kit - Click to Enlarge

走行可能時間は、公称4時間程度で推定最大障害物の大きさは70mmです。ライブビデオストリーミング中は、100mの距離までLeo Roverと接続可能です。カメラの解像度は5MPxで、魚眼レンズを使用しており、視野角は160度です。

Leo Rover v1.8 Developer Kit - Click to Enlarge

Leo Roverは、初期状態でビデオストリーミングによる遠隔操作とUIが用意されています。自律走行はできませんが、自律走行に対応しています。ソフトウェアは、自律・半自律機能の実装が容易であることで知られているUbuntu 20.04とRobot Operating System (ROS)をベースにしています。

最も簡単な方法は、LIDARやステレオビジョンカメラを追加してローバーのセルフナビゲーションを強化し、その上に機能を構築することです。ローバーは、フロントカメラを1個とホイールエンコーダを4個搭載しており、ビデオストリーミングと基本的なオドメトリをすぐに利用することができます。

Leo Rover v1.8 Developer Kit - Click to Enlarge

注意:メーカーは常にデザインの改善に取り組んでいるため、お届けするローバーの外観と動作は、ビデオやデモで見たものと少し異なる場合があります。

  • 1 x Leo Rover v1.8 開発者キット(組立式)
  • 1 x バッテリ充電器
  • 1 x 追加モジュール脱着用六角ドライバ
  • サポート、トラブルシューティング、組立支援の公式コミュニティSlackpivateチャネルへのアクセス権

組み立てに必要な工具:すべて箱に入っています。

サイズ

  • 重量:6.5 kg
  • サイズ:448 x 425 x 305 mm
  • 可搬重量:約 5 kg

上部プラットフォームの取り付けサイズ

  • サイズ:299 x 183 mm
  • ホールグリッド:18 x 15 mm
  • 取付穴:40 x Φ7 mm + 22 x Φ5,5 mm

 

性能

  • 推定最大障害物サイズ:70mm
  • IP規格:IP55 準拠(非認証)
  • 走行時間:公称推定4時間
  • 接続範囲:最大100m(ライブビデオストリームあり)

車輪

  • モータ:4 x インハブDCモータ、73.2:1遊星ギアボックス および 12CPRエンコーダ付き
  • 車輪径:130mm
  • タイヤ素材:フォームインサート付きゴム(非空気式)

バッテリ

  • 電圧:11.1V DC
  • 容量:5000mAh
  • タイプ:リチウムイオン、内部PCM短絡、過電流およびオーバードレイン安全機能内蔵
  • 最大電流:8A(ローバー全体)

カメラ

  • カメラ解像度:5MPx
  • レンズ:魚眼レンズ、視野角160度(IRフィルタなし、暗視可能)

ネットワーク

  • WiFi2.4GHzアクセスポイント(外部アンテナ使用)
  • WiFi2.4GHz + 5GHz(内部RPiアンテナで接続可能)

ソフトウェア

  • OS: Ubuntu 20.04 + ROS Noetic ベースの LeoOS。ROS2 をサポート
  • 標準のLeoSoftwareImageを使用する場合、「10.0.0.1」の下ですぐに使えるUIが用意されています
  • オープンソースファームウェア

電気的仕様

  • メインコンピュータは、Raspberry Pi 4B 2GB(または それ以上)
  • リアルタイムマイクロコントローラは、LeoCore:STM32F4(@ 84MHz、64KB RAM、256KBフラッシュ)

スピード

  • 最大直線速度:約0.4m/s
  • 最大角速度:約60度/s

接続インタフェース - 外部から利用可能

  • 1x 防水microUSBソケット
  • 1x アンテナ RP-SMAオスソケット
  • 1x 3ピンWeipu SP13 12V電源ソケット

接続インタフェース - 内部オープンインタフェース

  • RaspberryPi:2x USB、20x GPIO、RJ45イーサネット、1x RPiディスプレイポート、BLE付きBluetooth 5.0

コントローラ

  • ブラウザの「10.0.0.1」の下でストックUIにアクセスするには、Web対応デバイスが必要
  • デバイス要件:Windows / Linux / Android / macOS
  • 開発を容易にするために、デバイスでROSを搭載することを強くお勧めします。

Customer Reviews

Based on 1 review
100%
(1)
0%
(0)
0%
(0)
0%
(0)
0%
(0)
N
NIcholas
Fantastic

Robot kit is simple to build and fantastic to program.

送料の見積り

こちらもあなたにおすすめ