LIDAR-Lite v3 レーザ距離計

Garmin商品コード:RB-Pli-06
メーカー #: 010-01722-00

価格  :
販売価格 ¥21,476

税込

送料はチェックアウト時に計算されます

在庫  :
在庫あり 5 個

支払いとセキュリティ

American Express Apple Pay Google Pay JCB Mastercard PayPal Shop Pay Visa

お客様の決済情報は安全に処理されます。当社はお客様のクレジットカード情報を保存せず、クレジットカード情報にアクセスすることもできません。

概要

  • 測定範囲40メートル。コンパクトな48mm x 40mm x 20mm サイズのモジュール
  • 信号処理を改良し、測定速度を従来の5倍に
  • 改良されたI2C通信と、割り当てが可能なI2Cアドレス指定
  • ドローンに、ロボット工学研究に、その他のあらゆる用途に最適

Garmin社製LIDAR-Lite 3 レーザー距離計 は、多種多様な用途(例:ドローン、一般的なロボット、産業用センシングなど)をサポートするために極めて重要で、強力且つ、拡張性の高い、経済的なレーザーベースの測定機器です。 0~40メートルまでの、協力的および非協力的標的までの距離、速度および信号強度を測定します。 このクラスにおけるシングルビームの距離センサでは最高のパフォーマンスを提供しています。

新しいLIDAR-Liteは、最長40メートルの測定範囲、1cmの分解能、小型、低消費電力、軽量といった従来のセンサと同じ仕様になっています。 アップグレードされた点が多数:

信号処理を改良し、測定速度を従来の5倍に

  • 新しい信号処理アーキテクチャの実装により、LIDAR-Liteは、最大毎秒500の読取り測定速度で動作し、より高い解像度のスキャンを可能にします。

改良されたI2C通信

  • LIDAR-Lite I2C通信は、100kbits /秒または400kbits/秒で動作します。
  • ほとんどのベーシックなI2Cドライバとマイクロコントローラボードに広く対応。 センサが利用可能またはビジー状態である場合の「ack」と「nack」の反応に代わり、ステータスレジスタ(0x01)は、センサステータスを示すための参照が可能です。
  • 新しい値で上書きされるまでの間、前回の測定値をいつでも読み出すことができます。 センサがデータを読み取り可能になるまで待つ必要はありません。 起動したらすぐに測定しましょう。

ユーザが割り当て可能なI2Cアドレスの指定

  • センサにはそれぞれ、固有のI2Cアドレスがあります。
  • 0x62のベースアドレスは、単一センサの用途でデフォルトとして使うことができ、I2CバスのすべてのLIDAR-Litesに対するコマンドを開始するブロードキャストアドレスとして、複数センサにも利用可能です。

すべての主要機能が従来のセンサに対応

  • LEDベースのセンサ、長距離または高反復率製品など、将来のバージョンアップや製品の仕様変更にも対応可能です。

充実したサポートと製品マニュアル

  • アプリケーションコードの改良と更新。 箱から出したらすぐに、Arduinoとセンサだけでプロジェクトの準備ができます。
  • 製品マニュアルは、新しい機能もサポートするようになっています。

LIDAR-Lite 3 レーザ距離計

LIDAR-Liteにある属性の組み合わせ(I2C通信とアドレス指定は共に高性能、低コスト、小型、軽量、低消費電力および動的設定)ができるということは、最小重量とパワーペナルティによりプロジェクトに複数のセンサを取り付けることが実用的になります。 LIDAR-Liteのビーム幅は出荷時の状態で「5°」です。 この狭ビームは長い距離に届き、超音波センサよりも優れた標的選択性もあります。

LIDAR-Lite 3 レーザ距離計

Garmin LIDAR-Lite 3 のレーザーは、端面発光、905nm、シングルストライプレーザーを使用しています。 このレーザー製品は、操作のあらゆる手順においてクラス1に指定されていますが、光学部品またはハウジングなしでセンサを操作したり、ハウジングを改良すると、レーザ放射に曝され、眼の負傷が一生残ります。 測定時およびアイドル時に10ミリアンペア未満で5VDC電源から動作し、100ミリアンペアピーク電力だけを引き出し、LIDAR-Liteは、低消費電力が重要なバッテリ電源から実行するプロジェクトに理想的です。

LIDAR-Lite 3 レーザ距離計

独創的、正確、軽量で経済的
ドローンに、ロボット工学研究に、その他のあらゆる用途に最適です。 既存の技術と同等以上の性能を誇り、低コストで設計に柔軟性をもたらしながら、もっと小型、安価、効率的な部品の使用を可能にします。

LIDAR-Lite 3 レーザ距離計

用途は事実上無制限
自動車死角検知、スマートシティでのトラフィック監視、3次元画像走査、衝突回避、工業用流体/粒度/固体レベル測定、セキュリティシステムの部品、楽器、医療用画像処理、航空宇宙など多数。

LIDAR-Lite 3 レーザ距離計

技術革新

  • 最適なマッチングを見つけるために受信した信号に対して、格納された送信基準を電子的にスライドさせることにより時間遅延を推定するシグネチャーマッチング技術(通称、信号相関)の使用。
  • 一気に赤外線LEDやレーザを操作すると、連続ビームを用いた測定システムに対して、ピーク出力電力で100:1のアドバンテージが生まれます。
  • 高出力送信バーストシーケンスを生成する高ピーク電流でナノ秒信号遷移時間による新しい電流ドライバ技術。
  • 単一のプログラム可能な論理チップで実行可能な信号処理手法。
  • LIDAR-Lite レーザー距離計 x1
  • ケーブル(一端にコネクタ、もう一端に裸線) x1
  • モジュール寸法:20mm x 48mm x 40mm
  • PCB寸法:44.5mm X 16.5mm
  • モジュールの重量:16グラム(光学部品とハウジング)
  • PCBの重量:4.5グラム

性能

  • 精度: +/- 2.5cm
  • 測定範囲: 0-40m
  • 電源: DC 4.75-5V、最大6V
  • 消費電力: アイドル時105ma、連続使用時130ma
  • 反復率: 1-500Hz
  • インタフェース: I2CまたはPWM
  • 取扱温度: -20~60°
  • 波長および最大出力: 905nm/1.3ワット
  • ビーム広がり角: 4mrad x 2mrad
  • 光開口角: 12.5mm


環境設定

  • レーザ/ PINダイオード14mm 光学部品(クラス1レーザ製品)


レーザセンサPCB

  • NEP(PIN検出器):12nW rms、1.5pF検出器電気容量、1mm仮想検出器寸法
  • 最小検出可能信号:1nW - 256集積バースト(最大積分時間)
  • 送信出力(レーザ):1.5ワット ピーク 14mm @ 3アンペアドライブ、75umシングルストライプレーザ接合
  • 送信出力(LED):+/- 3 度ビーム@ 1amp以内で200mW

Customer Reviews

Based on 50 reviews
70%
(35)
26%
(13)
4%
(2)
0%
(0)
0%
(0)
A
Ainul
Fast Shipping, Original Products

Thank you for ship my order very fast, but next time I hope you place better protection on your package, you can separate different product with bubble wrap, so package for every product still good Robotshop always ship original and high quality products :)

s
supercubJA10
屋外では20mが限界

Arduino + I2C で使用。照明安定の室内では36m測れたこともあったが、晴れた屋外では20mが限界で、それ以上だとほぼエラー。40mを謳い文句にしているのに長距離では使えず残念。精度アップできるTipsがあるなら情報提供して欲しい。

A
Ainul
Fast Shipping, Original Product

Thank you robotshop for fast shipping and processing

S
S.H.
great price, worked as expected

used it fora small project to detect cars on the road while cycling. Works well!

D
Dennis
Issues at short range

The following is from only testing it for less than an hour. I still need to do more work with it so reader beware... According to the Robotshop's website, this LIDAR's range is from 0-40 meters. Reading that I bought the LIDAR to test for both short/long range usage. Per the operations manual, the accuracy below 5m is about +-2 cm and above 5m is +- 10cm. I tested the LIDAR against a flat, white wall at a 90 degree angle (the best scenario) hooked up to an Arduino with a 680uF cap across the power and ground. You can use either i2c or pwm and I chose i2c mode of communications. I am seeing pretty good values at distances at 8m and below at +-5 cm which is acceptable for my needs. I did not need to test beyond 8m. For very close ranges things break down. At 75 cm it is still accurate but below that values will fluctuate. Below 25 cm the values are completely untrustworthy. The spec does have a disclaimer that says "nonlinearity below 1m". I was not sure what that meant but suspected that meant below 1m your values will not be very good. That appears to be the case here. I still need to do more testing such as hitting the wall at an angle and beam spread at greater distances. This sensor looks very good for longer distances but short ranges < 1m it might not be for you. If I find anything of interest in the coming week I will post more.

送料の見積り

こちらもあなたにおすすめ