LuckFox Pico Max M RV1106 Linux 開発ボード

Waveshare商品コード:RB-Wav-785
メーカー #: Luckfox Pico Max M (EN)

価格  :
販売価格 ¥2,748

税込

送料はチェックアウト時に計算されます

在庫  :

近日再入荷予定 入荷予定日の照会

この商品の入荷をお知らせします

支払いとセキュリティ

お支払い方法

American Express Apple Pay Google Pay JCB Mastercard PayPal Shop Pay Visa

お客様の決済情報は安全に処理されます。当社はお客様のクレジットカード情報を保存せず、クレジットカード情報にアクセスすることもできません。


セキュリティ

概要

  • LuckFox Pico Max M RV1106 Linux 開発ボード(ヘッダ取り付け済み)
  • ARM Cortex-A7 および RISC-Vを搭載
  • 高精度NPUコンピューティング
  • 5MPカメラISPに対応
  • 多彩な接続オプション
  • デュアルバージョンのメモリ容量
  • RTC および GPIOヘッダ組み込み

LuckFox Pico Max M RV1106 Linux 開発ボードは、NEONとFPUを内蔵したsingle-core ARM Cortex-A7 32-bit coreを統合した高集積マイクロ開発ボードです。Rockchip社が自社開発した第4世代NPUを搭載し、高い演算精度を誇り、int4、int8、int16のハイブリッド量子化に対応しています。このNPUは、int8で0.5 TOPSの演算能力を発揮し、int4では最大1.0 TOPSに達します。さらに、このボードは自社開発の第3世代 ISP3.2を搭載し、5Mpixelのカメラに対応し、HDR、WDR、マルチレベルノノイズ減少など複数の画像強調 および 補正アルゴリズムを搭載しています。

開発ボードは、TFカードスロット、カメラインタフェース、イーサネットポートを備え、開発を容易に行うことができます。また、電源供給とプログラム書き込み用のUSB Type-Cコネクタ、ACT-LED、電源投入時にダウンロードモードに入るためのBOOTボタン、RESETボタン、TFカードスロットも搭載しています。ボードはVisionプロセッサSoC RV1106を内蔵し、Pro版にはRV1106G2、Max版にはRV1106G3を搭載しています。このボードは、RTCバッテリヘッダ、MIPI CSI 2レーン付きCSIカメラインタフェース、RJ45イーサネットポート、USBテストパッド、GPIOヘッダも備えています。

本製品は、開発ボードの使用および取り扱いに精通しているユーザを対象としています。適切な機能を確保し、潜在的な危険を回避するため、デバイスを操作する際には、適用されるすべてのガイドラインと安全対策に従うことが重要です。

  • 1 x LuckFox Pico Max M RV1106 Linux 開発ボード

  • 72 x 21 mm (長さ x 幅)
  • プロセッサ:Cortex A7 (1.2GHz)
  • NPU:0.5TOPS、int4、int8、int16に対応
  • ISP入力:30fpsで5M (最大)
  • メモリ:最大256MB DDR3L
  • USB:2.0 ホスト/デバイス
  • カメラ:MIPI CSI 2レーン
  • GPIO:26x GPIO端子
  • イーサネットポート:10/100M イーサネットコントローラ および 組み込みPHY
  • 既定ストレージ:SPI NAND FLASH (256MB)

Customer Reviews

Be the first to write a review
0%
(0)
0%
(0)
0%
(0)
0%
(0)
0%
(0)

送料の見積り

こちらもあなたにおすすめ