Makerfabs LoRaWAN 温度 / 湿度 / 土壌水分センサ (915MHz)

Makerfabs商品コード:RB-Mkf-67
メーカー #: OHLWSMS01-915

価格  :
販売価格 ¥3,420

税込

送料はチェックアウト時に計算されます

在庫  :

近日再入荷予定 入荷予定日の照会

この商品の入荷をお知らせします

支払いとセキュリティ

American Express Apple Pay Google Pay JCB Mastercard PayPal Shop Pay Visa

お客様の決済情報は安全に処理されます。当社はお客様のクレジットカード情報を保存せず、クレジットカード情報にアクセスすることもできません。

概要

  • Makerfabs LoRaWAN 温度 / 湿度 / 土壌水分センサ (915MHz)
  • Arduino Unoと互換性があり、Atmega328Pコントローラをベースに設計されています。
  • 電力消費を効率化する低スリープ電流を備えています。
  • AHT10 - 気温 / 湿度センサを搭載しています。
  • LoRaWANアプリケーションを作成するにはコードの修正が必要です。

Makerfabs LoRaWAN 温度 / 湿度 / 土壌水分センサ (915MHz) は、TTN / Heliumを使用したい人にとって非常に効率的なソリューションです。 このセンサは、Atmega328Pのベースを維持した、人気のある LoRa 水分センサのアップグレード版です。 Atmega328Pコントローラは Arduino Unoと互換性がありますので、特にオープンハードウェアでの使用に最適です。

ASR6601 SoCを搭載した LoRaWANモジュール RA08Hはプログラムができまが、Arduino Unoと比べると初心者にとっては扱いにくいかもしれません。このコントローラは、スリープ電流が1uA未満ですので、低消費電力を必要とするLoRaWANノードにとって必要な性能です。

容量方式を使用して土壌水分を監視します。また、一般的な安価な抵抗モード土壌水分センサとは異なり、腐食を防ぐために防水材料でコーティングされています。さらに、気温 / 湿度センサAHT10を搭載していますので、温室でもご使用いただけます。

センサは単4電池3個で駆動します。スリープ電流26uA 動作電流4mAですので、1時間のメッセージ間隔 と クラス A 動作で、平均1年以上動作できます。

このモジュールは、主にプロトタイピング および 制作用に設計されています。わずか数分でLoRaWANアプリケーションを実現する修正可能ファームウェアフレームが付属しています。コード内でLoRaWANメッセージ間隔などを設定調整したり、機能を自由に追加 または 削除したりすることもできます。ただし、動作にはLoRaWANルータが必要ですのでご注意ください。

詳細な使用ガイドも付属していますが、これはすぐに使用できるLoRaWANエンドノードに関しては書かれていませんのでご注意ください。

この製品では、LoRaWANアプリケーションを作成するために、提供されたファイルに基づいてコードを修正する必要がありますのでご注意ください。

  • 1 x Makerfabs LoRaWAN 温度 / 湿度 / 土壌水分センサ (915MHz)

  • ISM帯域: 915MHz
  • Arduino Uno互換性: 有
  • 低スリープ電流: <1uA
  • スリープ電流: 26uA
  • 動作電流: 4mA
  • 供給電源電圧: 4.7~3.5V
  • 使用バッテリ: 単4形 3本 (別途要)

送料の見積り

こちらもあなたにおすすめ