ホルムアルデヒド HCHO しきい値検出センサ (0~20ppm)

DFRobot商品コード:RB-Dfr-1344
メーカー #: SEN0595

価格  :
販売価格 ¥3,592

税込

送料はチェックアウト時に計算されます

在庫  :

近日再入荷予定 入荷予定日の照会

この商品の入荷をお知らせします

支払いとセキュリティ

American Express Apple Pay Google Pay JCB Mastercard PayPal Shop Pay Visa

お客様の決済情報は安全に処理されます。当社はお客様のクレジットカード情報を保存せず、クレジットカード情報にアクセスすることもできません。

概要

  • ホルムアルデヒド HCHO しきい値検出センサ (0~20ppm)
  • 表示ランプ付きで監視が簡単
  • 5~24Vの広い電圧範囲で動作
  • ホルムアルデヒドレベルが設定しきい値を超えたか超えていないかを検出
  • 黒色PCV0難燃性素材のハウジングに収納

ホルムアルデヒド HCHO しきい値検出センサ (0~20ppm) は、特定のガス濃度データを出力しない独特なガスセンサです。周辺環境のホルムアルデヒドレベルが所定のしきい値を超えているか超えていないかを検出します。このセンサは広い電圧範囲で動作し、ハイレベルとローレベルを出力します。

このセンサのひとつの特徴は、検出結果を簡単に監視できる表示ランプを備えていることです。センサがしきい値以上のホルムアルデヒド濃度を検出すると、ハイレベル信号を出力し、表示ランプが点灯します。一方、濃度がしきい値を下回ると、センサはローレベル信号を出力し、表示ランプは消灯します。

化学式がCH2O または HCHO表記されるホルムアルデヒドは、強烈な刺激臭を持つ無色の気体です。アルコールやエーテルに溶け、高濃度のホルムアルデヒド蒸気にさらされると、主に目と呼吸器系への障害を特徴とする全身疾患である急性ホルムアルデヒド中毒を引き起こす可能性があります。その症状は、周囲空気中の濃度が 0.08~0.09 mg/m3に達した場合に小児が発症する軽い喘鳴から、高濃度では目の炎症、喉の不快感、吐き気、嘔吐、咳、胸部圧迫感、喘息、さらには肺水腫に至るまで多岐にわたります。30mg/m3の濃度になると致死的となる可能性が有ります。

このセンサのしきい値は工場で固定されており、ユーザが変更できないことに注意してください。ホルムアルデヒド濃度を正確に測定するには、MEMS ホルムアルデヒド HCHO ガス検知センサを推奨します。

  • 1 x ホルムアルデヒド HCHO しきい値検出センサ (0~20ppm)

  • 30.35 x 47.4 x 47.4 mm (長さ x 幅 x 高さ)
  • ケーブル長:50 cm
  • 電源電圧:5~24V
  • ハイレベル出力範囲:5~24V (ハイレベル出力電圧 = 電源電圧)
  • 負荷電流:100mA未満
  • 静電流:10mA未満
  • 検出対象ガス:ホルムアルデヒド(CH2O、HCHO)
  • 解像度:0.01ppm
  • 再現性: 出力値の2%未満
  • しきい値:0.06ppm(約0.075mg/m3) (工場で固定、ユーザは変更不可)
  • 最大負荷:20ppm
  • 応答時間:15秒未満
  • ゼロ点出力:-0.10~0.02ppm
  • 出力モード:ハイレベル信号 および ローレベル信号
  • 配線:黒線-OUT、茶線-VCC、青線-GND
  • 圧力範囲:1±0.1標準大気圧
  • 寿命:3年 (大気中で)
  • 保管環境:10~30℃
  • 動作温度範囲:-10~50℃
  • 動作湿度範囲:15%~90% RH
  • 長期安定性:信号値の2%未満/月
  • ハウジング材質:黒色PCV0 難燃性素材

送料の見積り

こちらもあなたにおすすめ